卵子 老化 改善

卵子の老化を予防するコツ|卵子老化を改善するポイント
卵子の老化を予防するコツや卵子老化を改善するポイントについて記しています。

azalea.png

Home >

卵子が老化する原因って何がある?

卵子が老化する原因をいくつか紹介します。

・ストレス
・食生活
・喫煙


ストレスがたまると、体に良くないことはみなさんご存知ですよね?

ストレスがたまることによって、体内には活性酸素が発生します。

活性酸素というと、老化の原因です。

卵子が老化するだけでなく、体自体も老化が進んでしまうのです。

そして、体調が悪くなったり、お肌がガサガサになってしまったりします。

食生活も大きく卵子に影響します。

もちろん、食生活が偏ってしまうと、ストレスと同様、体によくありません。

卵子の老化が進んで、卵子自体の質も悪くなってしまうのです。

また、甘いものを摂りすぎると、卵子の老化を進めてしまうのです。

食生活が偏っているのであれば、改善するようにしましょう。

そして、タバコもストレスと同じで、活性酸素を体内に発生させてしまいます。

そのため、卵子を老化させてしまいます。

このほかにも卵子を老化させる原因はたくさんあります。

ですので、自分の生活習慣でよくないことはないか、見直してみて改善するようにしましょう。

卵子が老化するとダウン症の子が生まれやすい?

卵子が老化するとダウン症の子が生まれやすくなってしまいます。

卵子が老化すると、染色体異常の確率が高くなってしまうのです。

そのため、卵子の老化が原因で、ダウン症の子が生まれやすくなります。

それだけではありません。

卵子の老化が原因で、流産になったり、無事に生まれても短命だったりするんです。

卵子はどうしても加齢と共に老化してしまいます。

これは仕方がないことなんです。

卵子が老化すると、こういったリスクが高くなってしまいます。

ダウン症の子が生まれる確率は、20代で1500人に1人、30代前半で1000人に1人、30代後半で400人に1人になります。

30代後半になると、卵子の老化が進むため、確率が一気に上がってしまうのです。

40代になると100人に1人、そして45歳になるとなんと30人に1人という確率になってしまいます。

これって驚きの確率ですよね。

高齢で妊娠したら絶対にこういったリスクがあるとは限りませんが、これは覚えておいたほうがいいでしょう。

そして、これから妊娠を望んでいるのであれば、卵子の老化を防ぐ努力をしたほうがいいと思います。

生活習慣や食生活の改善で、卵子の老化を防ぐことができます。

そうすれは、少しはリスクを抑えることができるので、今からでも卵子の老化を防ぐ努力をしましょう。

卵子は35歳から老化するって本当?

卵子は35歳から老化するって本当かというと、本当です。

http://ff11-free.com/

35歳から必ず老化する訳ではありませんが、大体そのころから老化が始まります。

女性の体は7の倍数で変化するって、聞いたことはありませんか?

あるコマーシャルでも言っていますよね。

35歳は7の倍数で、体の機能は35歳頃から老化が始まると言われています。

また、35歳を超えると高齢と呼ばれます。

35歳以上で出産したら、高齢出産っていいますよね。

35歳頃から卵子の老化は始まり、卵子の質が徐々に低下していきます。

よって、自然妊娠が徐々に難しくなってしまうのです。

それに、年齢と共に卵子の数も少なくなってしまいます。

どうにか卵子を若返らせることができないのかというと、残念ながらそれはできません。

卵子の老化を止めることもできないのです。

どんなに努力をしても、卵子は年齢と共に老化してしまい、最終的には卵子の数は0になります。

でも、それをどうにかしたいですよね。

実は全く何もできない訳ではありません。

若返らせれませんが、卵子の老化を防ぐことはできます。

食生活を改善したり、しっかりと睡眠を取ったり、運動をしたり。

そういった体にいいことを取り入れることで、卵子の老化を防ぐことは可能なんです。

これから妊娠を希望しているのであれば、卵子の老化を防ぐようにしたほうがいいと思います。
Copyright (c) 2015 卵子の老化を予防するコツ|卵子老化を改善するポイント All rights reserved.